頭痛の薬による副作用に注意!薬物乱用頭痛になることも

頭痛持ちの人は予防目的で薬を飲んだり、朝に薬を飲むと安心するからと、頭痛がないのに薬を飲む人もいるのではないでしょうか。薬は体全体に作用するため、治したい部位に効く主作用と、それに付随して起きる副作用があります。頭痛薬も同様で、頭痛は良くなるけど胃の調子が悪い、というようなことが起きてきます。また、頭痛薬は頻回に服用すると、かえって頭痛が悪化する「薬物乱用頭痛」になることもあります。ここでは、頭痛薬の種類と副作用について、また、薬の飲み過ぎで起きる頭痛の原因と治療法についてご紹介します。

頭痛薬の種類

頭痛の薬には、次のようなものがあります。

<非ステロイド性抗炎症薬(Nsaid)>

痛みとると同時に炎症も抑えます。炎症や発熱の原因である「プロスタグランジン」の生成を抑えて作用を発揮します。市販されているので、薬局で購入できます。

 

・アスピリン:バファリンなど

・エテンザミド:ノーシン、ナロンエース、新セデスなど

・イブプロフェン:イブA錠など

・ロキソプロフェンNa:ロキソニンなど

<非ピリン系解熱鎮痛薬>

血管を拡げ熱放散し、脳での痛みの感受性を下げることで解熱鎮痛効果を発揮します。抗炎症作用はなく効果は穏やかですが、胃腸障害を起こさず副作用も少ないため、子どもにも使えます。これも市販されているので、薬局で購入できます。

 

 

・アセトアミノフェン:カロナール、コカール、小児用バファリンなど

<トリプタン製剤>

偏頭痛の頭痛発現時に使われます。偏頭痛は、一度収縮した脳内の血管が過剰に拡張し、三叉神経を刺激することで起きます。トリプタン製剤は、血管内壁のセロトニン受容体に作用し、脳内の血管を収縮させ、血管周囲の炎症を抑えます。また、三叉神経に作用し炎症物質の神経ペプチド生成を抑制します。市販されておらず、医師の処方が必要です。

 

・スマトリプタン:イミグラン錠・点鼻薬など

・ゾルミトリプタン:ゾーミック錠・RM錠(口腔内速溶錠)

・エレトリプタン:レルパックス錠

 

・リザトリプタン:マクサルト錠・RPD錠(口腔内崩壊錠)

<エルゴタミン製剤>

偏頭痛の頭痛発現時に使われます。トリプタン製剤が無効な場合や副作用のある時に用います。血管収縮作用と炎症を抑える作用があります。この薬も市販されておらず、医師の処方が必要です。

 

・エルゴタミン:クリミアンA、クリミアンS

ぱくたそ(www.pakutaso.com

頭痛薬の副作用

頭痛薬は、それぞれの成分が作用し頭痛を改善しますが、副作用もあるため服用時には注意が必要です。

<非ステロイド性抗炎症薬(Nsaid)>

・胃腸障害

非ステロイド性抗炎症薬は、炎症物質のプロスタグランジン生成を阻害して効果を発揮しますが、プロスタグランジンには胃粘膜を保護する働きがあります。そのため、胃腸障害を起こしやすくなります。

・腎障害

プロスタグランジンの生成抑制により、腎臓の血流量が減少し尿量減少、むくみ、体重増加などが起きることがあります。

・アスピリン喘息

アスピリンだけでなく、Nsaid系薬剤全般で起きます。強いぜん息症状と、鼻づまり・鼻水、目の充血などが見られます。成人後にぜん息を起こしたことがある人、鼻ポリープがある人、特に女性でぜん息既往歴がある人は注意が必要です。

<非ピリン系解熱鎮痛薬>

・肝障害

アセトアミノフェンは副作用が少ないですが、過量服用で肝障害が見られます。アセトアミノフェンは解熱鎮痛薬だけでなく、市販のかぜ薬にも含まれていることが多い成分です。そのため、重複して飲まないようにしてください。

<トリプタン製剤>

・胸部症候群(胸やのどの締めつけ感)

トリプタン製剤に特有の副作用で「トリプタン感覚」とも言われています。首・胸・のど・肩が締めつけられる感覚や、圧迫感や息苦しさがあります。

・循環器系疾患への影響

血管収縮作用があるため、狭心症、心筋梗塞など循環器系の病気のある人は注意が必要です。

<エルゴタミン製剤>

・循環器系疾患への影響

トリプタン製剤と同様、血管収縮作用による心臓の血管の虚血リスクがあります。動悸が強まる場合は、医師に相談してください。

薬物乱用頭痛について

いらすとや(https://www.irasutoya.com/

頭痛の薬を服用しても頭痛が毎日起きる、薬を飲んでも効かない、この場合「薬物乱用頭痛」かもしれません。薬物乱用頭痛は、頭痛持ちの人が習慣的に薬を飲むことで、頭痛が慢性化してしまった状態です。薬を飲む回数や量が増えるため、脳が痛みに対して敏感になり、頭痛が起きやすく、頻度も高くなります。また、頭痛の部位や痛みの性質も変化しながら複雑化し、薬が効きにくくなります。

原因となる薬は、Nsaidなど市販されている鎮痛薬の乱用が最も多く、偏頭痛の薬として処方されるトリプタン製剤やエルゴタミン製剤でも発症します。

<薬の乱用による頭痛かどうかチェック>

まずはセルフチェックをしてみましょう。

 

・もともと偏頭痛や緊張性頭痛がある

1ヶ月に15日以上頭痛がある

・以前は効いていた薬が効かなくなった

・朝から頭痛がする

・頭痛の部位・痛みの程度や性質が変わる時がある

・次の頭痛の薬を3ヶ月以上にわたり服用している

 鎮痛薬:1ヶ月に15日以上服用

 トリプタン製剤・エルゴタミン製剤:1ヶ月に10日以上服用

 

薬物乱用頭痛の原因となる鎮痛薬は、生理痛や腰痛の時にも使います。頭痛以外の目的でも飲む回数は増えることになります。

 

チェックをしてみて当てはまる場合は、本人では改善が難しいため、神経内科や頭痛外来を受診しましょう。この項目に該当しなくても、薬の効きが悪かったり、頭痛時に習慣的に薬を飲む人も悪化する前に受診をおすすめします。

<薬物乱用頭痛の治療>

治療は次の3つでおこなわれます。

 

・原因となる薬の中止

まずは原因となった薬を中止します。徐々に中止するより、一度で中止した方が結果は良好です。

・薬の中止後に起こる頭痛への対応

薬の中止後に起きる頭痛のために、別種類の頭痛薬が処方されます。市販の薬を飲んでいた場合は、成分が複数のこともあるため、薬品名を医師にすべて伝え、適切な薬を処方してもらうことが大切です。

・予防薬の服用

もともとある頭痛に合わせ、予防目的での薬も処方されます。偏頭痛の人には抗てんかん薬やカルシウム拮抗薬、緊張型頭痛の人には抗うつ薬などが使われます。

<頭痛ダイアリーの活用>

治療には、薬の回数を減らすことが大切です。飲み過ぎていないか、医師の指示通りに飲んでいるかを確認するためには、頭痛ダイアリーの活用が有効です。頭痛が起きた日数、痛みの起きた時間や強さ、薬を飲んだ日数などを記録でき、治療経過を把握することができます。

頭痛ダイアリーは、日本頭痛学会のホームページからダウンロードできます。

 

http://www.jhsnet.org/dr_medical_diary.html

まとめ

頭痛の薬は、薬局などで手軽に手に入るため、頭痛持ちの人は薬に頼ってしまいがちです。しかし、薬には胃腸障害をはじめ、さまざまな副作用があり、飲み過ぎると薬物乱用頭痛につながってしまいます。薬物乱用頭痛は治療をすれば約70%で改善しますが、再発率も40%と高く見られます。頭痛対策は、薬に頼り過ぎないようし、肩こり体操、ツボ押しやマッサージ整体食生活や生活習慣の改善も同時に行っていきましょう。